伊達を生きる

昨日は羽生くんの袴姿にファンが狂喜乱舞。

そりゃぁそうだ。

 

仙台観光さん。有難う。

 

f:id:mikuta1:20170714135236j:plain

https://m.facebook.com/sendaipr/posts/813482918825774:0

 

「伊達を生きる」

羽生くんにピッタリだわ。

コピーも良いよね。

f:id:mikuta1:20170714141550j:plain

 

しっかし羽生くんは左右の顔つきが面白いくらい違う。

右側は涼しげて凛としたアスリート。

 

f:id:mikuta1:20170714143715p:plain

 

左側は柔和で女性的。

 

f:id:mikuta1:20170714143629p:plain

 

羽生くんの数多くある魅力の一つにギャップがあるけど

左右の顔つきまでギャップがあるのね。

 

f:id:mikuta1:20170714135024p:plain

 ああ仙台に行きたい。

 

「行きたい」じゃダメだよね。

「仙台に行く」だよね。

 

平昌五輪が終わった優勝パレードを見に仙台に行くんだ!

で、アイスリンクでスケートして

週末仙台の旅をするんだ。

仙台のお友達にあって道案内してもらうんだ。

 

言霊 言霊。

 

今シーズンはNHK杯とファイナルに行きたいし

(いや、行く)

今からしっかり準備しないとね。

7・8月が大事!

しっかり準備しなきゃ。

 

ついてない。運が悪い。

なんて思っている場合じゃない。

やる事をまだやってない。

 

まだまだやる事はある。

やる事をやってダメならまた別の方法を考える。

成功するまで諦めない。

 

「成功するまで諦めない。」

 

この気持ちがあれば

失敗は失敗ではなくなる。

成功に近づいた事になる。

次から同じ事をしなければ良いのだから。

 

成功するまで諦めない。

 

絶対にNHK杯とファイナルに行くんだ。

仙台の優勝パレードを見に行くんだ!!

 

やる事はわかっている。

行動するのみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

アレクセイ・ヤグディンを振り返る

98年長野五輪金メダルのクーリックの次はソルトレイクシティヤグディン

今の真4回転時代をこの頃と比較すると言うか、この頃の再来というか、4回転時代といえば話題になるソルトレイク五輪。

 

何と言ってもヤグプル対決。SPで結果が出てしまった感はありましたが、それでもヤグは強かった。SP1位の時点でもう優勝はヤグだねって空気の中、FSはプレッシャーで気負う事なく自信に満ちて本当に楽しそうに滑っていました。

 

ヤグのジャンプ構成は

4T-3T-2Lo/4T/3A/3S/3Lz/3Lo/3F/。

3Fで着氷が少し乱れます。

 

長野五輪のクーリックと基礎点を比べたくなってきたので計算してみる。

ザックリ調べただけなので間違えているかもしれないけど・・・

 

クーリック→56.7

ヤグ→56.0

 

なんとなんと!

クーリックの方が基礎点は上なのね。

まぁ、ヤグはジャンプが1個余っていた件。

(ちなみに2017年世界選手権の羽生くんのジャンプ基礎点は82.1!!)

 

今と採点基準が違うのでアレですが、当時のヤグはぶっちぎりに強いと思った。

雰囲気をつくるのが上手いんですね。仮面の男の世界観を出していました。

ミュージカルを見ているようだったもん。ヤグは6.0時代の申し子だったのかな。

 

で、アメリカのゲーブルは当時すでに4Tと4Sの2種の4回転を跳んでいたそうで・・・気にしていなかったよ。^^;

今の採点基準なら順位がかわってるかも。

 

でもヤグよりクーリックの方がジャンプの基礎点が高かったのねー。比較すると面白い。トリノ五輪のプルも比較したいと思います。

 

 

 

 

 

イリヤ・クーリックを振り返る

オリンピックシーズンとなり、過去のオリンピックチャンピオンの勝ち方を思い出してみた。

 

私が覚えているのは長野五輪から。優勝したのはロシアのイリヤ・クーリック。当時は夢の4回転と言われていてストイコやクーリックが跳んでいるのは見たけどクリーンに着氷したところは見た事が無かった。

 

ところが!FS最終グループの1番滑走のクーリックがクリーンな4Tを決めた!はじめて見たクリーンな4回転!!ところがクーリックは喜ぶ風でもなくフツーに次の動作に移っていった。次に跳んだのが3A-3Tこれまたキレイに決まった。

 

クーリックは3Aが得意な選手でクーリックの3Aはそれは美しかった。クーリックのジャンプ構成は4T/3A-3T /3Lo/3A/3Lz/3F/3S/3Tだった。

 

コンボは3A-3Tの1回でした。でも当時は3-3のコンボを2回が普通だったと思う。

で、4回転は3-3コンボ以上の破壊力があったように記憶しています。さらにクーリックは3A-3Tコンボをクリーンに決めているからね。

 

SP1位でFSの最終グループで1番滑走のクーリックが当時の最高難度でクリーンに滑りきったので後の選手の崩れっぷりは凄かった。どの選手もジャンプ転倒。(ヤグは高熱があったらしい・・・)

 

そんな中でのキャンデのダルタニアン。4回転は無く、ふんばりジャンプがいくつかあったけど転倒せずに滑りきり会場を盛り上げ銅メダル。

 

最終滑走だったストイコは怪我の中滑りきり銀メダル。

 

終わってみればクーリックの圧勝でした。

 

クーリックも最高の舞台で最高の演技ができたと言ってましたね。

しかもSPとFSの両方で最高の演技ができたと。

こんな風に思える選手はごくごくごくわずか!!

 

平昌五輪の羽生くんもそうでありますように。

 

 

 

 

男子はどうなる・・・?

今シーズンの女子を書いたら男子も書きたくなる!!

まずは羽生くん。

FSは何がくるのかな?

そしてジャンプ構成は?

バラ1で4T-3Tコンボが入っているので

4T-3Tコンボ復活だよね。

 

そうなるとフリーはどうなるんだろ。

前シーズンが

4Lo/4S/3F/4S-3T/4T/3A-2T/3A-1Lo-3S/3Lz

だよね?

 

 

えっと4Sが2回に3Aが2回。

これで3回転以上のジャンプは1個づつしか使えない。

4回転を増やすと3Aを1本リストラしなきゃいけないし・・・

 

うーん。

やっぱ安定と加点を考えるなら

4S2本を4T2本にして3A2本はそのまま。

そしたら基礎点が下がるからやっぱ4Lz導入・・・?

それで基礎点いくら上がるの?

計算するの面倒くさい・・・

 

でもどなたかのブログでチャンが4F飛んでるとあったよね。

まぁチャンは3Aと4Sが安定性に欠けるけど決まると加点がしっかりつく。

 

チャンはエッジ系よりトウ系の方が得意だろうから

4Sや3Aより4Fを2本にしそう。

 

で、ネイサンとボーヤンの4Lz砲。

二人共4Lzをコンボで跳ぶもんね。

ネイサンなんて4Fも持ってるし。

 

ネイサンは間違いなく3Aを1本にして

4回転コンボを3本入れてくるよね。

セカンドジャンプは3Tや2Tだろうけど

単発で跳ぶジャンプは3Aが一番簡単なジャンプになるだろうな。

 

宇野くんの4F・4Loも武器だよね。

FaOI神戸のジャンプ大会で転けたけど4Lz跳んでたし・・・

4Lzも練習してるよね。

 

うーん。

簡単に書いているけどやるのは選手たち。

今シーズンはどんな戦いになるのかな。

 

伝説のシーズンになる事は間違いない!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男子はどうなるかな・・・?

日本男子はオリンピック出場枠3。

まぁ、羽生くんと宇野くんは安定ですよね。

(良いオリンピックシーズンになりますように!!)

 

で、気になるのが3人目。

3人目は誰になるの?

 

注目は

 

無良くん。

デカ君。

ダイス。

友野くん。

 

てとこでしょうか。

選考基準とか全然知らない無責任な素人考えですが

3枠目に近いのはデカ君・無良くんですよね。

 

あとは友野くんがシニアデビュー。

ネイサンのようにシニアデビューして

世界のトップ6に入る選手もいるので

今シーズンの友野くんがどうなるかなんてわかりません。

若さパワーでどないかなるかもしれない。

 

で、無良くん。

無良くんはバンクーバ五輪から3度目の五輪挑戦の年になるのかな?

無良くんはいつも昨年の全日本みたいな感じなんですよね。

 

SP1位でFSで崩れて逆転負け。

世界選手権はデカくんが出場。

 

これがねー。

ここぞという時に崩れるのが相変わらず。

(偉そうでごめん)

 

今シーズンの最後の一枠争いに強い気持ちで挑めるのかな?

 

デカ君。

昨年の全日本で逆転の2位。

世界選手権出場。

世界選手権では羽生くんと宇野くんに注目が集まりましたが

世界選手権を経験できたのは大きいよね。

(偉そうでほんとごめんなさい)

 

なにより、デカ君がいると羽生くんと宇野くんが安心する。

羽生くんは心許せる同期。

宇野くんは甘える事のできる先輩。

 

世界選手権の羽生くん、宇野くんの

ワンツーフィニッシュの影にデカ君ありだと思う。

 

で、友野くん。

彼は恥じらう事なく演技するのがいいね。

EXの「犬のおまわりさん」。

あのやりきり感は凄い。

シニアで頑張れ!!

 

3枠目は無良くん・デカ君・友野くんに注目したいと思います。