手のひらからこぼれた水

NHK杯男子SPの日から今日で1週間経ちました。でも私は相変わらず凹んだまま浮上できない。フィギュアスケートから離れようかな・・・。そこまで思ってしまう。

 

11月10日から大阪中央体育館で開催されたNHK杯。友人が男子SPのチケットを当てて私を誘ってくれました。2階席でした。大阪中央体育館は夏のThe Iceに行った時にどの席でも良く見える小さな会場だったので席は気になりませんでした。

 

男子SPの日はペアSP・女子SPもあります。男子は羽生くん・Pチャン(棄権したけど・・・)・ジェイソン。女子はメドベ。ペアはスイハン。1日でこれだけのメンバーが見れる豪華な試合。しかも私は競技会の羽生くんを会場で見るのは初めて!!それもオリンピックシーズン。4年に1度しか訪れないオリンピックシーズンの競技会を生で見れるなんて幸せ!!本当に本当に嬉しかった。

f:id:mikuta1:20171117135916j:plain

更にうれしい事にファイナルの男子FSとEXも当たった私。N杯のSPと合わせれば今シーズンのSP・FS・EXが会場で観れると嬉しくて嬉しくて・・・!!でも幸せすぎて不安もありました。

 

もし昨年の全日本のように羽生くんが欠場したら・・・?もし私や家族が病気になったら・・・・?羽生くんを会場で見ることができないかもしれない、そんな不安はありました。

 

不安は的中した。SP前日の公式練習で羽生くんは怪我をしました。男子SP当日の午前中も「出れるように調整中」の報があり、身勝手だけど試合に出れる程度の軽い怪我であって欲しい。そう思っていました。・・・そう思おうとしていました。

 

でも羽生くんは欠場でした。羽生くんがNHK杯に欠場すると言うことはファイナル出場が消えた事を意味しました。

 

「ああ・・・やっぱりな」昨年の全日本と同じ。私は試合の羽生くんを観る事ができないんだ。襲ってくる喪失感・脱力感。心にポッカリと穴が空いてしまった。

 

喉が乾いて乾いて仕方なくて・・・・やっと両手いっぱいの水を汲むことができて飲もうと口元に持っていったら指の間から全てこぼれ落ちてしまったような感じ。手の中に水は一滴も残っていない。私は喉を潤おす事ができないまま1週間がすぎた。

 

今も私の喪失感は埋められない。慰めも励ましも喝もいらない。ただただ静かにして。私が現状を受け入れる事ができるまで。私の気持ちの整理がつくまで。